施工・工事技士の資格_

第二種電気工事士試験合格なら、ユーキャンがおススメ

このところ、ユーキャンの話題ばかりですが、実際に、建築、土木の資格を取るためにユーキャンを利用している方が多いのですから、仕方ありません。(ユーキャンのサイトはこちらで紹介しています。)
ユーキャンでは、ボールペン字などの教養関係の講座だけでなく、二級建築士や土木施工管理技士のような実用的な資格についての講座も開講しています。

ユーキャンの建築、土木関係の資格講座の中で、一番人気のある資格は、「第二種電気工事士」です。
最も、資格の勉強をしている20代から30代の男性の間では、他の資格をあわせても、ベスト10位以内に入る人気ぶりです。
ユーキャンの第二種電気工事士資格試験講座が人気がある理由として、テキストが試験合格に必要な事項に重点を置いて解説してあるため、メリハリのある勉強ができるということと、dvdがわかりやすく、配線材料を使った講義でも、実際の手順をまねしやすいということなどが上げられます。

また、建築、土木の現場で働いている方は、平日は、非常に疲れて、家に帰ってから、勉強するのも大変だと思います。ユーキャンの通信講座なら、日曜日などのゆっくり休める日にまとめて勉強できるのも、人気の利用のひとつのようです。

もちろん、ユーキャンの通信講座があうかどうかは、人によって違います。一度、資料を請求して、講座や教材のサンプルを取り寄せてみることをおススメします。

→ユーキャンのサイトは建設・建築関係の資格試験の予備校・専門学校・講座で紹介しています。

|

あと施工アンカー施工士

あと施工アンカー施工士資格とは

あと施工アンカーとは、モノとモノを留めたり接続する物をファスナー材といいます。
その中でモノを留めるためにコンクリートに打設するものをアンカーと呼び、さらにコンクリートが固まったあとドリリング(穴あけ)をして打設するものを「あと施工アンカー」と呼びます。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


あと施工アンカー施工士 資格試験の受験資格

特になし。講習及び資格試験を受けることで取得する。


あと施工アンカー施工士 資格試験の試験内容

第2種施工士(筆記) ●アンカーの基礎知識(学科)●アンカーの施工要領(技能)●施工作業実技(技能)
特2種施工士(実技) ●施工作業実技(技能) ・アンカーの施工試験 ・アンカーの耐力試験
第1種施工士 (筆記) ●アンカーの一般知識(学科)●アンカーの各種施工要領(設計) (実技) ●施工作業実技(技能) ・アンカーの施工試験 ・アンカーの耐力試験
技術管理士(筆記) ●アンカーの一般知識(学科)●アンカーの設計(設計)●アンカーの施工管理(設計)


あと施工アンカー施工士 資格試験の試験日程

1、願書配布・受験申し込み受付期間 4月
2、講習 6月から7月にかけて 全国主要都市で。
3、試験日 9月

詳しくは、社団法人 日本建築あと施工アンカー協会のホームページをご覧ください。


あと施工アンカー施工士 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、社団法人 日本建築あと施工アンカー協会のホームページをご覧ください。

|

屋外広告士

屋外広告士とは

屋外広告士試験は、屋外広告物の製作・施工に関する総合令的な知識及び技術を有することを認定する資格制度で、屋外広告物法に定める「登録試験機関」である日広連が実施しています。有資格者は屋外広告業登録に必須の「業務主任者」になることができ、業の健全な発展に向けて活躍が期待されています。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


屋外広告士 資格試験の受験資格

18歳以上で実務経験が3年以上の者。
1・2級建築士、1・2級建築施工・土木施工管理技士の国家資格を有する者は、試験科目の一部を免除


屋外広告士 資格試験の試験内容

 学科試験
 ・問題A(関係法規)15問
 ・問題B(広告デザイン)20問
 ・問題C(設計・施工)15問
 実技試験問題
 ・実技試験問題


屋外広告士 資格試験の試験日程

1、願書配布・受験申し込み受付期間 8月
2、試験日 10月
3、合格発表 12月

詳しくは、社団法人 全日本屋外広告業団体連合会のホームページをご覧ください。


屋外広告士 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、社団法人 全日本屋外広告業団体連合会のホームページをご覧ください。

|

解体工事施工技士

解体工事施工技士とは

解体工事業に従事する現場管理者等の解体工事技術、廃棄物の適正処理、建設リサイクル法に対応した施工管理能力の向上を図ることを目的とする。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


解体工事施工技士 資格試験の受験資格

①原則として解体工事実務経験年数8年以上
②学歴・指定学科卒業によって必要実務経験を短縮
③(社)全国解体工事業団体連合会加入は不問


解体工事施工技士 資格試験の試験内容

①形態:四肢択一式(50問・90分)及び記述式(5問・120分)
②出題範囲:土木・建築の基礎知識、解体工事施工の計画、解体工事施工管理、解体工法、解体用機器、安全管理、環境保全、副産物・廃棄物対策、関連法規その他


解体工事施工技士 資格試験の試験日程

1、願書配布・受験申し込み受付期間 9月から11月
2、試験日 12月
3、合格発表 2月

詳しくは、社団法人 全国解体工事業団体連合会のホームページをご覧ください。


解体工事施工技士 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、社団法人 全国解体工事業団体連合会のホームページをご覧ください。

|

瓦屋根工事技士

瓦屋根工事技士とは

全瓦連では瓦屋根工事の管理者資格制度を設けております。瓦屋根工事の構法、設計、施工、品質管理等についての幅広い分野に対する、十分な知識と技術を備え、当制度で正規に認定された者だけが瓦屋根工事技士資格を有します。
また、瓦屋根工事技士と瓦葺技能士の両資格保有者に対し、瓦屋根の診断における専門的な知識と技術の講習を実施。当制度で正規に認定された者だけが、瓦屋根の状態を診断する瓦屋根診断技士の資格を有します。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


瓦屋根工事技士 資格試験の受験資格

詳しくは、社団法人 全日本瓦工事業連盟のホームページをご覧ください。


瓦屋根工事技士 資格試験の試験内容

詳しくは、社団法人 全日本瓦工事業連盟のホームページをご覧ください。


瓦屋根工事技士 資格試験の試験日程

詳しくは、社団法人 全日本瓦工事業連盟のホームページをご覧ください。


瓦屋根工事技士 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、社団法人 全日本瓦工事業連盟のホームページをご覧ください。

|

ガス主任技術者

ガス主任技術者とは

ガス事業者は、ガス事業法第31条第1項の規定により、ガス主任技術者免状の交付を受けている者であって、 経済産業省令で定める実務経験を有する者のうちから、ガス主任技術者を選任し、事業場ごとにガス工作物の工事、 維持及び運用に関する保安の監督をさせなければなりません。

ガス主任技術者免状の種類(甲種、乙種及び丙種の3種類)に応じてガス工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督をすることができる範囲は、ガス事業法施行規則第37条の規定により、次のとおりとなっています。

(1)甲種ガス主任技術者免状 ガス工作物の工事、維持及び運用
(2)乙種ガス主任技術者免状 最高使用圧力が中圧及び低圧のガス工作物並びに特定ガス発生設備等に係るガス工作物等の工事、維持及び運用
(3)丙種ガス主任技術者免状 特定ガス発生設備に係るガス工作物の工事、維持及び運用

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


ガス主任技術者 資格試験の受験資格

この試験の受験資格の条件はありません。どなたでも受験できます。


ガス主任技術者 資格試験の試験内容

ガス事業関係法令(保安に関するものに限る。)
ガスに関する物理及び化学理論
ガス工作物の工事、維持及び運用に関する技術
ガス工作物の構造及び機能
ガスの成分分析及び熱量等の測定
ガス器具の構造及び機能


ガス主任技術者 資格試験の試験日程

詳しくは、財団法人 日本ガス機器検査協会のホームページをご覧ください。


ガス主任技術者 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、財団法人 日本ガス機器検査協会のホームページをご覧ください。

|

既製杭施工管理技士

既製杭施工管理技士とは

「既製杭施工管理技士」は、既製コンクリート杭の施工に必要な専門的知識を有し施工法の判断・施工計画の立案・施工時の異常を含む現場処置判断等高度な判断能力を持ち、合わせて実際の施工管理・安全管理業務を行える実務能力を有する技術者。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


既製杭施工管理技士 資格試験の受験資格

学歴による制限があります。詳しくは、社団法人 コンクリートパイル建設技術協会のサイトをご覧ください。


既製杭施工管理技士 資格試験の試験内容

詳しくは、社団法人 コンクリートパイル建設技術協会のサイトをご覧ください。


既製杭施工管理技士者 資格試験の試験日程

詳しくは、財団法人 日本ガス機器検査協会のホームページをご覧ください。


既製杭施工管理技士 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、社団法人 コンクリートパイル建設技術協会のサイトをご覧ください。

|

基礎施工士

基礎施工士とは

基礎施工士検定試験は、建設工事において極めて重要な専門分野である基礎工事のうち、場所打ちコンクリート杭は、全く見ることのかなわない地中深くに築造され、これの施工に当たっては一つの落度も許されないものです。
 地盤条件や施工状況等について適切な判断及び対応措置を必要とする現場造成杭であることから慎重な施工と高度な品質管理により、良質な工事を円滑かつ安全に施工するために必要な知識と技術を備えた、施工管理者を「基礎施工士」として認定、登録することを目的としています。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


基礎施工士 資格試験の受験資格

学歴による制限があります。詳しくは、社団法人 日本基礎建設協会のサイトをご覧ください。


基礎施工士 資格試験の試験内容

詳しくは、社団法人 日本基礎建設協会のサイトをご覧ください。


基礎施工士 資格試験の試験日程

詳しくは、社団法人 日本基礎建設協会のサイトをご覧ください。


基礎施工士 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、社団法人 日本基礎建設協会のサイトをご覧ください。

|

金属屋根工事技士

金属屋根工事技士とは

金属屋根工事技士は、一定の実務経験を積み金属屋根工事に関する専門知識を習得した後に「金属屋根工事技士技術審査」に合格した方々であり、金属屋根工事に関する専門技術者として『建築工事監理指針』(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修)で位置づけられています。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


金属屋根工事技士 資格試験の受験資格

学歴による制限があります。詳しくは、社団法人 日本金属屋根協会のサイトをご覧ください。


金属屋根工事技士 資格試験の試験内容

審査内容は、建築全般に関する基本的な事項に関する問題(基本知識)、金属屋根に関する専門的な事項についての問題(専門知識)及び記述式問題に分かれています。基本知識と専門知識は4肢択一の選択問題です。
(1) 基本知識
金属屋根に関係する建設業法、建築基準法などの法規に関する問題、建築構造などに関する一般的な知識に関する問題、金属屋根を含めた屋根構造全体に関わる問題などが合計20問出題されます。
(2) 専門知識
金属屋根の施工計画、材料、機械設備、運搬・養生、構法と施工、品質・安全管理など専門分野に関する問題が40問出題されます。
(3) 記述式問題
受験者の経験に基づく問題解決の能力や工事管理に関する各種の報告書の作成能力などを判断する問題です。実際に経験した工事で生じた問題点などへの対応とその結果についての判断を記述します。


金属屋根工事技士 資格試験の試験日程

詳しくは、社団法人 日本金属屋根協会のサイトをご覧ください。


金属屋根工事技士 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、社団法人 日本金属屋根協会のサイトをご覧ください。

|

危険物取扱者

危険物取扱者とは

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。
甲種危険物取扱者
 全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督業務。
丙種危険物取扱者
 特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検業務。

電気工事士などの一部の資格を除き、建設業許可の技術者としての認定を受けられる資格はありません。将来独立したい、よりよい転職先を探したいという方は、あわせて、施工管理技士の資格も取得しましょう。


建設業許可を受ける際、技術者として認められる区分

一般建設業…なし
特定建設業…なし


危険物取扱者 資格試験の受験資格

甲種 
大学等において化学に関する学科等を卒業した者、大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者、乙種危険物取扱免状を有する者など

乙種、丙種 
誰でも受験可能


危険物取扱者 資格試験の試験内容

甲種 危険物に関する法令、物理学及び化学、危険物の性質並びにその火災
    予防及び消火の方法
乙種 危険物に関する法令、基礎的な物理及び基礎的な化学、危険物の性質
    並びにその火災予防及び消火の方法
丙種 危険物に関する法令、燃焼及び消火に関する基礎知識、危険物の性質
    並びにその火災予防及び消火の方法


危険物取扱者 資格試験の試験日程

詳しくは、財団法人 消防試験研究センターのサイトをご覧ください。


危険物取扱者 資格試験に関する受験申込・問合せ

詳しくは、財団法人 消防試験研究センターのサイトをご覧ください。

|

より以前の記事一覧